オムロン(OMRON) [H7AN-E4DM AC100-240] 電子カウンタ H7AN H7ANE4DMAC100240【キャンセル不可】:測定器・工具のイーデンキ - 138b6

2019-10-03
カテゴリトップ>その他
オムロン(OMRON) [H7AN-E4DM AC100-240] 電子カウンタ H7AN H7ANE4DMAC100240【キャンセル不可】
オムロン 0120-919-066


【商品説明】
●特長:
設定操作が簡単なサムロータリスイッチ採用。
メンテナンスが楽なドローアウト構造。
●種別:
プリセットカウンタ
●質量(g):
約360
●タイプ:
加減算タイプ
●段数:
1段
●耐電圧:
AC2000V 50/60Hz 1min(導電部端子と露出した非充電金属部間)
AC750V 50/60Hz 1min(非連続接点) (非連続接点間)
●動作方式:
加減算(回転ディップスイッチによる切り換え)
●消費電力:
約10VA(AC100V時)
●桁数:
4桁
●表示方式:
7セグメントLED、UP点灯表示
●ケース色:
ライトグレー(マンセル5Y7/1)
●文字高(mm):
10
●設定方式:
(カウント値)常時読込方式
●停電記憶:
あり・なし切り換え(ディップスイッチによる切り換え)
●電源電圧(V):
AC100〜240
●保存温度(℃):
-25〜+65(ただし、氷結しないこと)
●制御出力:
1段カウンタ:接点1cおよびトランジスタ出力(動作「H」「L」切り換え可)
2段カウンタ:接点1a2段およびトランジスタ出力(動作「H」「L」切り換え可)2段
接点:AC250V 3A 抵抗負荷(cosΦ=1) 最小適用負荷DC5V 10mA(P水準、参考値)
トランジスタ:出力抵抗1.5kΩ開閉容量 DC30V max. 100mA max.
●入力信号:
(カウント、リセット入力)
接点入力信号電圧、トランジスタ入力信号電圧の「H」「L」による入力(電圧入力)
●記憶方式:
停電記憶/EEP-ROM(書き込み回数100万回 データ保持性:10年)
●絶縁抵抗(MΩ):
100以上(DC500Vメガにて)(導電部端子と露出した非充電金属部間、非連続接点間)
●使用周囲温度(℃):
-10〜+55(ただし、氷結しないこと)
●寿命:
機械的1000万回以上
電気的10万回以上(AC250V 3A 抵抗負荷)
●リセット:
電源リセット: リセット信号時間の最小値0.5s、電源投入後のリセット時間0.05s
外部リセット、手動リセット:リセット信号時間の最小値0.02s、リセット信号完了後のリセット時間0.05s
自動リセット
●取付け方法:
埋込み取りつけ
●最高計測速度:
(CP1、CP2カウント入力)
最小信号幅(ON/OFF比1:1)
30Hz : 16.7ms
5kHz : 0.1ms
「H」: DC+5〜+30V
「L」: DC0〜+2V
●耐振動(耐久):
10〜55Hz 片振幅0.375mm 3方向 各2h
●耐衝撃(耐久):
300m/s2 6方向 各3回
●使用周囲湿度:
35〜85%
●耐ノイズ:
ノイズシミュレータによる方形波ノイズ
±2kV(操作電源端子間) ±500V(入力端子間)
●インパルス電圧(V):
6k(操作電源端子間、導電部端子と露出した非充電金属部間)
●耐振動(誤動作):
10〜55Hz 片振幅0.25mm 3方向 各10min
●耐衝撃(誤動作):
100m/s2 6方向 各2回
●動作モード:
N、F、C、R、K、P、Q(回転ディップスイッチによる切り換え)
●許容電圧範囲:
定格電源電圧の85〜110%

 オムロン(OMRON) [H7AN-E4DM AC100-240] 電子カウンタ H7AN H7ANE4DMAC100240【2013ショップオブザイヤー受賞店】

価格
65,340円 (税込70,567 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
入荷次第出荷致します。
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

About the owner

マモスコーヒー店長、森川です

祖父の代から続く珈琲屋に生まれ、幼いころから珈琲に囲まれた生活を営んできた生粋の珈琲好き。味覚には自信有。コーヒーコンシェルジェとして、コーヒーインストラクター1級焙煎士と切磋琢磨しながら、珈琲作りに励んでおります。是非、渾身の焙煎豆を御賞味ください。

●Amebaブログはこちら
●Facebookはこちら
●モリカワHPはこちら
Top